日本の柔道選手に思う違和感

世界はリオデジャネイロオリンピックで白熱し、日本もまた、連日の様に様々な競技の応援に深夜であろう熱が入ります。

柔道もまた毎試合白熱した勝負を繰り広げ、日本のお家芸とも呼ばれるだけに是非ともメダルは持って帰ってきて欲しいところです。

ですがオリンピックの柔道を見ていてどうしても拭えない違和感があります。

それは日本の選手が銀メダルや銅メダルを取った時の表情です。何故あまりさえない表情なのでしょう。

確かに柔道は日本の国技で長い間日本のお家芸とも呼ばれています、実際に金メダルを獲得した日本人はとても多いです。

しかし逆を言えば日本の国技である柔道は昔から世界のあちこちで親しまれ、長い歴史の中では当然日本人以外の素晴らしい柔道の選手はいっぱいいます。

よって当たり前の様に日本人より強い選手はゴロゴロいるのだからいくら日本人でも勝てなくて当然な相手だっています。

悔しいのはわかりますが、優れた柔道家がより素晴らしい結果を残した事をリスペストしなければ今後の進展はないのではないかと思ったりします。ロスミンローヤルの効果の高さには驚きました